DMハガキ作りや管理に迷ったら読んでおきたい

色見本

企業の顔となるもの

腕章は、企業の名刺のようなものです。付けているだけで会社PRの役割を果たしています。また、なぜ腕章を作っておくべきかというと、使いまわしが出来るため企業にとってもコストがかかりません。

男女

訴求効果について

DMハガキとは、消費者や顧客にアプローチをするためのものです。会社としてDMハガキを使用するのであれば、訴求効果を考えて効果的に送る必要があります。伝えたいことはきちんと記載して、希少性をアピールなど顧客の心理を上手く使った訴求効果を狙いましょう。

CMYK

デザインを決める時のポイント

訴求効果について学んだら、今度はデザインについて考えます。DMはインパクトがあり、見やすくPRしたいポイントが一番先に目に飛び込んでくるようなデザインを心がけましょう。

広告

オーダー方法

腕章やDM作成を業者へオーダーする方法は基本的に一緒です。ネットから問い合わせをして、希望の作成方法を依頼します。細かな指定や追加などがあれば伝えて、見積もりを依頼しましょう。見積もりを確認して承認すれば、オーダー完了となります。デザインの入稿がある場合は、注文前に作成しておきましょう。

魅力的な立て看板がある効果

こだわりのない立て看板

どこにでもあるような、風景と溶け込んでしまうような立て看板は通行人の足を止めることが難しい傾向があります。そのため看板だからといって手を抜かず、写真や色にもこだわってデザインを決めることが大事です。

魅力的な立て看板

看板の役目というのは、お店の魅力や入店したいと思わせる効果を持っています。そのため、魅力的な立て看板であれば宣伝効果につながり、企業にとっても良い効果を生む傾向があるでしょう。

企業にとっての大切なこと

企業を運営していくうえで、無駄なコストを削減していくことも大事なことです。そうすることで、よりクオリティの高いものを生み出せるでしょう。

DMのコスト削減業者を利用した企業の声

無駄な作業が省けた

私たちの店舗ではお客様にセールのお知らせをDMにて発送するのですが、住所が異なって返還されたDM多いんです。返還された住所の整理をするのも大変だったので、業者に依頼して無駄が省けたので助かっています。

コスト削減につながった

どの会社でも同じだと思いますが、DMを出す際には何枚出すかというのは決まっているんです。確実に顧客の元に届く住所先を整理することで、DMに使う費用も削減できるので、結果的にコスト削減につながりました。

明確になって良い

DMの効果は大事だと思うのですが、以前まではDMがいつ頃届いているのかを確認できないので不便さを感じていました。ところが業者さんのサービスを利用してから到着日が明確になることで会社での準備も進めやすくなって良かったです。

作業時間の短縮

私のショップでは店員の数が少ないのに対し、業務を並行して行いながらDMを書かかなかればいけない状況でした。そんな中でさらに顧客の整理までやるとなると時間がいくらあってもたりません。顧客データを整理してもらえるだけでこんなに短縮になるのかと感動してます。

整理されて楽になった

私の会社は今でも顧客管理は紙媒体で管理していたので、その書類を保管などするのが大変でした。ですが、最近から上司が業者に依頼するようになって、保管するスペースや管理作業もなくなり作業効率がよくなりました。もう少し早く、業者に依頼してほしかったですね(笑)

広告募集中